【節約】給料の3分の1を奪っていく憎い奴を意識したい

【節約】給料の3分の1を奪っていく憎い奴を意識したい

忘れがちだけど意識したいこと。

極論、家が無ければ月に7日は働かなくて良いってこと。

もちろんそんなことは「持ち家があってローンもない(固定資産税は一旦無視)」場合や「実家暮らしで家にお金を収めてない」場合にしかないのでそんなことを考えても仕方ないのですが、それだけ家計における住居費の比重って大きいと思うんですよ。

どうしてもかかってしまうお金だからこそ、たまには住居費のことを意識しておきたい。
家計における住居費の比重をチェックして、必要に応じて引っ越すなどの見直しを考えたいですよね。

こんなことを書くのは「許せる範囲で家賃の安い場所に住む」ことが最強だと思ってるから。

  • 防音性
  • セキュリティ
  • プライバシー
  • 利便性
  • 設備・広さ

などで順位をつけて順位が低いものは諦める。
1,000円違うだけで年間12,000円。10年で12万もの差になる。

引越し代はかかるから1,000円程度では判断できないけど、初めて一人暮らしをするタイミングや、引っ越すことで1万円以上金額差が生まれる場合は積極的に見直したい。

もし、シェアハウスを選択肢に入れられる人ならぜひそうしたほうがいい。
家電類が用意されてる場合が多い上、光熱費やネット代が家賃に含まれるので貯蓄力はすごく高い。

一時期観てた、某テレビ番組で上京する女子はその視点が抜けてるのがもったいない。
(色々突っ込みどころがあるのが面白いのだろうけど。)

ミニマルで楽しい生活を

お金をかけることだけが充実した暮らしとは限らない。
楽しくコンパクトな生活を追い求めるのが当サイト「コヨイ」です。
小さいガジェットを試したり、無理のない範囲で節約をしたり、時には脱線しながら運営をしています。見た人の今後にとって1ミリでも参考になってくれたら嬉しいです。

良かったなと思ったら、記事のシェア(↓にSNSボタンがあります)やTwitterアカウントをフォローしていただけると嬉しいです。