0

軽量眼鏡「ゼログラ」1日中かけてる人には良いと思う理由3つ

ゼログラが壊れたのでどうしようかとか書いてましたが、結局ゼログラを買ってました。
割とあっさりと。そして満足しています。

せっかくなので軽量フレームのゼログラについて今一度、使い勝手を確認してみる事にしました。

20150822_2

ゼログラとは

ゼログラとはメガネ市場で取り扱っているメガネフレームの一つです。

無重力という名のフレーム「ゼログラ」。これまでにない軽さとしなやかさ、見た目の想像を超える驚くべき丈夫さを両立させました。

ゼログラもシリーズが複数でていてその中で今回買ったのが、ZEG-013というモデルです。フレーム重量4.5g。
2012年グッドデザイン賞をとったモデルらしいです。

それは、一枚のβチタンから生まれた、特別な無重力。
一切のムダを排した、シンプルな美しさ。一ヶ所の接合もしないことで実現した、革新的な丈夫さ。日本の技が生み出した、特別な無重力。特別なあなたにふさわしい一本がここにある。

やはり無重力らしいです。

他の眼鏡屋でも軽量フレームの取り扱いがありますが、これまで使っていたゼログラがとても満足のいくものだったので今回もほぼ迷うことなくゼログラにしました。

 

どのくらい軽いのか重さ比べ

せっかくなので重さを比べてみました。

昔、Zoffで作った普通のメガネ

DSC_0837

 

最近壊れた古いゼログラ

DSC_0836

 

今回購入したゼログラ

20150822_3

13gでした。お、重くなっている・・・。

 

と思いましたが

使ってみるとやはり良いメガネで、デメリットもありますが1日中掛けてる人にはとっても良いメガネです。その理由をデメリット含めて3点ご紹介したいと思います。

 

1.なんだかんだで軽い

先ほどの重さの点。
ゼログラシリーズの中でもフレーム重量に2.8〜5.8gと幅がある為、フレームのチョイスでも重さは大きく変わってきます。

で、普通のメガネとの重量差が6g。
これは大きいのか小さいのか微妙なところですが、体感での重量差はしっかりと感じられます。やはり軽いです。

 

2.安定のフィット感

このゼログラ、前につかったモデルでもそうでしたが適度なフィット感で、耳の上のあたりが圧迫されないのが最高に良い感じです。

重さよりもこの点が個人的にはお気に入りポイント。

締め付けがほとんどないのにずり落ちる事もなく、軽いのでどこかに負荷がかかるわけでもない。
以前使っていたゼログラでもそうでしたが、眼鏡を1日中つけてる人間にとってはとても相性の良い眼鏡です。

 

3.ケースが大きい

唯一の難点が眼鏡ケースが大きいことでしょうか。
1枚のチタンからフレーム切りだしているので折りたたむ造りになっていません。

だからそのままの形でケースにしまいこむしか収納方法がないのですよね。

DSC_1235

ほとんど畳めてない・・・。

一般的な眼鏡ケースの2倍くらいのサイズなのでケースに入れて持ち運ぶのは大変です。

 

1日中かけてる人ならデメリットも気にならない

そんなデメリットもありますが、自分のように1日中かけている事を前提にしている人間ならそもそも眼鏡ケースにしまう機会がほとんどありません。

そして、負担にならない掛け心地。まさに1日中かけることを前提とした眼鏡と言っても良いと思います。

当面はゼログラ生活が続きそうです。

 

そんなこんなで

仙台の情報やガジェット情報などを週1~2度のペースで更新しているブログです。
もし気に入っていただけたならfeedlyで購読する事もできるので登録お願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。