0

もふもふ!狐だらけの宮城蔵王キツネ村の楽しみ方を語る。

こんにちは。こよーです。
宮城の山の中に、宮城蔵王キツネ村というスポットがあることはご存知でしょうか。

100頭をこえるキツネが放し飼いにされていて、それを間近に見ることができる世にも珍しい施設です。過去に何度か行ったことがありますが、今年もまた行ってきました。

でもキツネだけの為に山の中まで行くのもどうなのかな、とか最初は思ったりもしました。動物園でいいじゃん、と。


※唐突の子ぎつね。

正直に書いちゃうと、入場料は八木山動物園より高いし、交通の便も悪いです。
宮城県に住んでいてもキツネ村の事は知らなかったり、知ってても行ったことがない人って結構いるんですよね

でも何度も行った後だから言えます。絶対に行った方がいいって。
少なくとも動物好きなら絶対に。動物園とは違った魅力にあふれています。


※哀愁のピントが合わなかった子ぎつね。

とはいえ、キツネ村の事はたくさんの方が書いてるので改めて書く内容も無いのですが、自分なりに良さを伝えられたら良いなと思って記事にしてみました

あー、かわいい。

語るだけなので、詳しい情報は公式サイトを見てもらうのが良いかと思います。

 

放し飼いなのが良い!

キツネ村の中のキツネたちは基本的に放し飼いです。
放し飼いのところへ近寄っていけるので、動物園ではありえないほどに近寄って見る事ができます。
噛まれないように気をつける必要はあるし、その点は自己責任になりますがかなり近くで見る事ができます。

キリっ。餌に集中する様子。近いです。

野生を失った姿。気持ち良さそうに寝る姿も間近に見る事ができます。
とってもかわいいです。

 

とにかく大量なのが良い!

最初に100頭以上と書きましたが本当に多いです。
放し飼いのエリアに入ると大量のキツネが目に入ってきます。

大体、入り口付近と餌やり場の近くに多く集まっているようでした。
上の写真は餌やり場を遠くから撮った様子。
外国人の観光客も多く、餌やり場も国内外の人で賑わってました。

キツネの群生地帯も目撃。持ち帰りたかったです。

 

子ぎつねが良い!

動物の子供時期なんて短いものですから、動物園ではなかなか見る事ができないと思います。キツネ村は子ぎつねも大量にいるんですよ。
それがまたかわいい。丸っとした顔つきはキツネというよりは犬のようですがとにかくかわいいです。

基本的に檻の中にいるので大人きつねよりは離れた距離から見る事になります。
でもかわいい。

本当にたくさんいます。

あと、子ぎつねの抱っこ体験もあります。
時間が悪かったのかな。今回は抱っこはできず。

 

なんなら他の生き物ものいるのが良い!

ここまでキツネの事ばかり書いてきましたが、実は他の動物もいます。

ヤギ!

うさぎ!

うま!

ゴリラ!あ、これは置き物でした。
キツネ村の名前以上にいろんなものがあります。

 

ついでに牧場や温泉に寄れるのも良い!

きつね村から車で少し足を伸ばすと、それだけに留まらないです。
牧場でひつじなどを間近で見れる蔵王ハートランドや遠刈田温泉で温泉に入ったりと比較的近い範囲でいろんなものが楽しめます。

今回はちょうど「ございん祭り」・「とおがった大道芸祭り」の期間だったので、大道芸を見てきました。


中国雑技団!

 

余談。楽しいけどちょっと寒かった。

行ったのは6月の初旬で、仙台はすっかり暖かくなってたのですが、キツネ村のあたりは少し曇っていてたのと風が吹いてたのとで肌寒かったです。


さすがに夏場は大丈夫ですが、春秋の時期に行く時は上着を持っていくなど体温調整できるようにしておく事がオススメです。

以上、キツネ村、おすすめです!

そんなこんなで

仙台の情報やガジェット情報などを週1~2度のペースで更新しているブログです。
もし気に入っていただけたならfeedlyで購読する事もできるので登録お願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。