0

39ヶ月使ってるからこそオススメしない!!格安SIMの使い心地。

3年くらい前から、格安SIMサービスのIIJmioのデータ通信専用ミニマムスタートプランを使っています。
月額1000円という価格以上のパフォーマンスをあげてくれているので、とても満足しています。

test7

今さらだけど格安SIMとは

最近では知名度が高くなってきましたが、docomo、au、softbank以外の会社が提供している通信プランの総称です。
上記の3キャリアに比べると、通信速度やサービス内容は劣るものの、月額費用が500~3000円程度という低料金で利用できるのが大きな特徴です。

僕が契約しているIIJmioのデータ通信プランであれば、月額1000円程度(通話付の場合は約1600円)で使えます。

パッと見で、一般的なスマホの月額料金より安いですよね。
安いだけに不安に思いますよね。

実際、安いならではの理由が存在しているので書いていこうと思います。

 

最初に、僕の使い方

IIJmioを使い始めて以降、2台持ちのスタイルを続けています。

・従来のガラケー(au) = 通話・メール用
・スマホ (IIJmio) =ネット用

として分けて利用しています。
格安SIMの通信のみのプランで契約しているので通話には使うことができません。

2台持ちなので物理的にはかさばりますが、月の料金が3000円程度(ガラケー2000円、スマホ1000円)で済んでいるので家計的には大助かりです。
ちなみにそれ以前はガラケーでネットを利用していて月6000円以上かかってました。
年間だと単純計算で36,000円(3,000円x12)以上の差になるのでその違いは明らかですね。

 

とはいえ、色々と格安ならではの問題がないわけでもないのです。

 

端末を別途買わなければいけない

格安SIMのサービスの場合、本当にSIMカードのみの提供を行う場合があり、中古のDocomoスマホなどを別途購入する必要があります

この端末選びが重要で、中古での購入が主な入手手段となるため、端末選びは個人の責任で行う必要があります。
https://www.iijmio.jp/hdd/devices/
※上記はIIJmioの場合。

契約後のスマホの設定を個人で行う必要があるので、最初だけとはいえ設定作業などが不安な方は要注意です

 

とは言っても、格安SIMの会社でスマホ端末の販売もしている場合があるのでその限りではないです。
端末選びが不安な方は、そういった端末を使うのが良いでしょう。

また、多くのサービスではDocomoスマホを使うことを前提としていますが、サービスによってはau端末などが対応している場合もありますので契約・購入の際は注意ください。

 

LINEの使用に難あり

最近だとメールよりもLINEでやりとりする事が多い、何て事も珍しくないですよね。

格安SIMだろうとスマホはスマホなのでLINEのインストールもできるのですが、利用登録の関係で注意が必要です。
まずLINEの登録の際にSMS(いわゆるCメール・ショートメール)が必要になるんです。

で、IIJmioだとそのSMSが使えるプランと使えないプランがあるんです。

 

つまり何がどうかというと、SMSが無いプランだとLINEが使えません

これは本当に要注意です。うっかりSMS無しで契約してしまった場合は契約の変更が必要なってしまいます。

また、SMSの有無に関係なくID検索が原則できません
ID検索の為にはdocomoIDを使った年齢認証が必要で、格安SIMはdocomoと契約していないのでID検索も使う事ができないんです。

QRコードなどを使った登録はできるので通常の使用には困りませんが・・・。

 

僕はSMS無しのプランだったので本当に苦労しました。
LINEの為に契約プランを変更するのも面倒・・・。でもなんとかなりました。
なんと、ガラケーでもいいのでSMSさえ受け取れれば良かったんです。
僕の場合。auガラケーのCメールを利用することでなんとか登録することができました。

 

テザリングには不向き

格安SIMの共通の問題ですが、一部の端末の場合でテザリングができないという制限があります。
(テザリング=スマホの通信回線を使ってパソコンやiPod、タブレットなどをネット接続する事)

SIMフリー端末と呼ばれる端末を使うことで回避はできますが、端末の選択肢は大きく減ってしまいます。

使えないと言われている端末でもテザリングをする方法はありますが、難易度は高めなので実質できないと考えていた方が良いと思います。

 

速度面に大きな制限がある

各社、通信速度に関するサービス内容は様々ですが、僕が使用しているIIJmioのサービスだと、毎月3GBまではLTEの速度で使えて、それを超えると速度制限がかかります。

たくさん動画をみたり、アプリを使いたい人には向かないサービスと言えるでしょう。

ちなみに、この3年間の間にIIJmioのプランの速度が向上していき、月に使えるLTE回線の使用量が無し→500MB→1GB→2GB→3GBと大幅改善されていきました。

3GBって多いでしょうか。少ないでしょうか。

僕の場合、スマホは簡単な調べ物やFacebook、Twitterでの利用が中心なので、現在の月に3GBまでLTE回線が使えるという状況だと、普通に使う分には持て余すほどになりました。最近はあまり制限を意識せずに使っています。
(ちなみに、自宅ではWifiを使っています)

 

手間や制限を理解した上で使う分には超オススメです

格安SIMは格安ならではの制限があるという事を書いてきました。

  • スマホ端末を自分で用意する必要がある。
  • LINEの使用に制限がかかる場合がある。
  • テザリングができない場合がある。
  • 速度制限がある。

僕が39ヶ月ほど使ってきた中で、これらの制限は大きな問題ではなかったと思います。

速度の遅さを大きく不満に思った事はありません。
元々、店頭でサポートを受ける事も少ない方だったので、設定や端末選びもそれほど苦ではありませんでした。
LINEの利用制限についてもポイントさえ把握していれば制限を感じる事は少ないです。

これらはほとんどが最初の段階で乗り越えるだけの制限なので、最初の手間さえ済ませちゃえば普通のスマホと変わらないんですよね。

というわけで、トータルでみた時、スマホを安く使えるとっても良いサービスだと思っています。

 

前述の制限などを踏まえた上で、スマホを料金を安く抑えたい方は是非とも格安SIMを利用してみてください。
格安SIMをコヨイ.COMは応援しています。

そんなこんなで

仙台の情報やガジェット情報などを週1~2度のペースで更新しているブログです。
もし気に入っていただけたならfeedlyで購読する事もできるので登録お願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。