【薄い財布】HITOE Fold使い始めレビュー!とっても薄い。収納力は最小限。

【薄い財布】HITOE Fold使い始めレビュー!とっても薄い。収納力は最小限。

SYRINX様のご好意で、薄い財布のHITOE Foldをご提供いただきました。

HITOE Fold 開いた画像

HITOE Foldは最近クラウドファンディングで多くみられるコンパクト系財布の一つ。
わずか8日で4000万円以上の支援金を集めた人気アイテムです。

牛革を使いつつも「薄い」、「小さい」とコンパクトさを追求。それなのにお札、コイン、カードが収納できるという欲張りな一品。

いま申し込むと1年待ちというアイテムです。
今回、SYRINX側からのお声がけで試させていただけることになりました。
本当にありがとうございます!

まだ使い始めたばかりですが、僕のメイン財布にしてレビューしていきたいと思います。
1ヶ月ほど使うと馴染んでくると言うことなので、今回はファーストインプレッションとしての評価です。

今回は、下記の視点で評価してみたいと思います。

  • 開封時レビュー
  • 三年愛用したTenuis2からみた感想
  • 個人的な財布評価観点からの点数
第一印象は造りはシンプル。手触りもいい。容量は小さいかな。
サイズはTenuis2よりちっさい!

2ヶ月時点のレビューはこちら

HITOE Fold開封時レビュー

まずは開封から。

ブランディングを意識されてるようで、HITOE Foldはマット調の箱に入った状態で届きました。

HITOE Fold箱
中央にSYRINXの文字が入っており、格調高い雰囲気です。

以下、中身。
開封時の写真
品質保証書と使用上の注意が書かれた紙、クレカなどを入れずに使う場合に用いるダミーカードが同梱されています。
外見は一見すると普通の革財布のような印象。

ちなみに、オイルレザーのようなメンテはいらないとのこと。楽ちん。

手触りも一般的な革製品のそれです。

留め具で財布を固定

内側の片方の角には革の留め具がついており、財布を閉じるのと同時にカードの転落防止する役割も兼ねています。
留め具は中のカードにひっかけて使用します。

訂正

留め具から外す様子
SYRINX様より上記写真について指摘をいただきました。
留め具が財布の外側にひっかかる状態になっていますが、正しくはカードにひっかける形で使用します。

カードが入ってる側を「く」の字に折って留め具からはずして開閉。
(この辺りは公式サイトに動画が上がっています。)
未収納時の厚さ
素の厚さは1.3〜1.4mmくらいかな。サイトでみるイメージ以上に持ってみるとコンパクトです。

開けた時の様子
内側。すごくシンプル。
中央の細長い部分がコインケース。
右側がカード収納部で、赤いのはダミーカードです。

三年愛用したTenuis2からみた感想

さて、僕はこれまで3年ほど同じく薄い財布であるTenuis2(今も募集してるTenuis3の前のモデル)を使ってきました。


今回、Tenuis2からHITOE Foldに移行することにしたので、中身を移しつつ比較もしていきます。

Tenuis2とHITOE Foldの比較サイズ比較。左がHITOE Fold、右がTenuis2です。

HITOE Fold、小さいです。

しかも、Tenuis2の使い古した感がすごい・・・。幌布だからというもあるのですが。
Tenuis2、すっごい愛用してきたんですが、幌布の質感だけなんとも言えないので、HITOE Foldの革はとっても安心しますね。

で、Tenuis2に入ってたものをごっそり移します。

前の財布に入ってた中身たちTenuis2に入ってた中身です。
カード類9枚、お札、硬貨がごっそり。かなり現金も使うタイプなので硬貨が増えやすいです。

小銭を無理に入れた様子適当に入れてみました。
完全にキャパオーバーですね。特に硬貨。Tenuis2の中身は移せませんでした。
(そもそもTenuis2基準でも硬貨入れすぎなのですが・・・)

サイズが小さいとやっぱ入らないですねぇ。

諦めた財布の中身。カード3枚と硬貨10枚弱
ということで、残念ながら上の写真にあるカード、硬貨は脱落となりました。

硬貨は貯金箱、カードは他に持ってるパスケースやカードホルダーに分散します。カードを入れた様子最終的に残ったカードは6枚ほど。

公式サイトでも

重なる革は、わずか4枚、合計約6〜7mm。
紙幣10枚、コイン15枚、カード6枚。たっぷり収納しても、圧倒的な薄さです。

と書かれているので、情報通りの収納量ですね。

Tenuis2よりは入らなかったのは残念。でもとりあえずは許容範囲ですかね。

恐ろしいのは収納後のサイズ。中身を入れた時の厚さ厚さが全然変わらないというね。驚異です。

すでに2〜3日持ち歩きましたが、使用感も問題なし。コインケース部にファスナーなどはありませんが、硬貨が落ちてくることもありません。良好。

個人的な財布評価観点からの点数

僕、薄い財布へ自分なりのこだわりがあります。
以前、クラウドファンディングに出てる財布について個人的に評価したことがありました。


今回もこの観点に当てはめてみたいと思います。
結果は以下の通り。

○折り畳み財布、または匹敵するコンパクトさである
△お札、硬貨、カードが収納できる
○お札を折りたたまずに収納できる推奨事項
○通常の財布に比べて薄いこと
△コインケース部はファスナーやボタンでしっかり閉じられる

個人的評価(暫定) ★★★★☆

かなり良い感じです。

容量はTenuis2より落ちますが、厚みのある革を使ってるとは思えないくらいコンパクト。

5点でも良かったのですが、ちょっと厳しめに評価しちゃいました。
まずは1ヶ月、使ってみて最終判断したいです。

気になったのはコインケース部。
容量が小さいのと、コインケース部自体は閉じることができない点。

財布全体では開かないようにする機構があると思うのですが、いったん様子を見てみたいポイントです。

前述の通り、2〜3日使った感覚では問題ないです。

HITOE Foldとの付き合いは始まったばかり

ファーストインプレッション、SYRINX様には事前に断っていたので悪いこともガンガン書いていこうと思っていたのですが、第一印象としてはめちゃくちゃいい財布でした。

収納してもコンパクトさを失わないというのは心地よいですね。

何度も書いちゃいますが、容量の小ささだけが気になってるので、この先1ヶ月でしっかり見極めたいと思います。

現在は公式サイトからの予約販売を行なってる模様です。ただし1年待ち(2020年3月時点)。

ほどほどにコンパクトで楽しい生活を

小さいガジェットを試したり、無理のない範囲で節約をしたり、時には脱線しながら運営をしています。見た人の今後にとって1ミリでも参考になってくれたら嬉しいです。
記事のシェアやTwitterアカウントのフォローをよろしくお願いしますよろしくお願いします。