やったー!Tenuis3!愛用してきた薄い財布の新作がくるぞー!

やったー!Tenuis3!愛用してきた薄い財布の新作がくるぞー!

2年ほど前からTenuis2という薄型の財布を愛用しています。

もっといろんな薄い財布を知りたいって人にはこちらの記事も

Tenuis3について言っておきます。

執筆時点で管理人「さとこよ」はTenuis3を持っていません。
先に言っておきましょう。この記事はレビューではありません。

ただ、Tenuis2は良い財布だったのでTenuis3は期待していいと思います。
この記事を読んでるヒマがあったら申し込みましょう!2019年10月20日で申し込み期間終了ですよ。

2年以上愛用したTenuis2はこんな感じ!

当時の記事はこちら

Tenuis2について簡単にまとめると

  • 長財布はポケットに入れた時に落としそうでイヤ
  • でも二つ折りの財布は厚みが気になる

というお悩みを解決してくれる最高の財布でした。

難点は小銭を入れすぎるとたまに零れ落ちること。

本体の厚さが実測で2.3cmくらい。ほんと薄いです。

さて、そんなTenuis2も2年ほど使っていると・・・

こんな感じに。
心配していたゴムバンド部分は切れることもなく使えているのですが、本体部分はよれよれに。
正直、もう替え時かなと思ってました。ただ、なかなか良い候補が見つけられずにいたんですよね。

そんなタイミングでのTenuis3の発表です!

クラウドファンディング!これは出資するしかない!

申し込みました

楽しみにしています。

Tenuis3のスペック確認

さーて、ほぼ迷わずに出資した形になりますが、スペックの確認です。

材料
帆布、ゴートレザー(ヤギ革)、ポリプロピレン(PP)、硬質塩化ビニール(PVC)

加工
蝋(ろう)引きパラフィン加工

寸法
幅90mm × 長さ110mm × 分厚さ6mm(非収納時)

収納
カード6枚推奨(8枚)、紙幣、硬貨、鍵、小物など

リターン

全3色(青藍・鉛灰・漆黒)

転載元:https://camp-fire.jp/projects/view/185652

念の為、前のTenuis2がこちら

材料: 帆布、プラスチックフィルム
加工: 蝋引きパラフィン加工
寸法: 幅94mm×長さ104mm×分厚さ6mm
収納: カード×6枚、紙幣、硬貨、鍵等

サイズ感や収納量はほぼ変わらず、素材が変更。帆布に加えてゴートレザーが採用されています。
サイトの説明によると軽さと耐久性の高さが採用の理由とのこと。

外側はTenuis2と同じ帆布素材を使ってるそうなので、外見は従来通りの雰囲気になるみたいですね。

帆布素材は独特の質感なので、写真を見る限りゴートレザーを外側に使っても良かったんじゃないかなぁ。
トータルの仕上がりで印象が決まると思うので届くのが楽しみです。

Tenuis3ではコイン収納がファスナーになってる!

Tenuis2、コインの収納がバインダーで止める形式だったんですよ。

これ、とんでもない弱点が・・・。

Tenuis2の唯一の弱点とも言える仕様で、コインを入れすぎたりするとたまに硬貨がこぼれおちてくることがあるんですよね。
硬貨が必要ではない時にポロリと落ちでイライラすることも。

これが、新作ではファスナーに変わりました。ほんとよかった!

お札は折らずに入れられる

小型財布にたまにあるのが「お札は二つ折りにして収納する」。
試しに使ったことあるんですが、めちゃくちゃ不便なんですよね。

この点はTenuis2、Tenuis3ともに折らず収納(一般的な二つ折り財布と同じ収納方法)できるので安心しました。

カードが2枚並ぶTenuis3

「平行カードポケット」なんていう表現がされていますが、二つ折りの片面にカードが2枚収納できるというもの。

単純に厚さが分散されるので薄くなること間違いなしですね。

薄い財布はTenuis3一択?

半ば勢いで出資してしまったTenuis3ですが、細かく確認してみるとTenuis2の良さは残しつつ課題を解決。
さらなるグレードアップを目指してるアイテムのように感じました。

到着は2020年2月とまだ先ですが、楽しみに待っていたいと思います。

薄さ6mm!カード・硬貨を入れてもかさばらない革新的な財布「Tenuis3」 – クラウドファンディングCAMPFIRE

・・・と思考停止してしまうのももったいないと思って他のクラウドファンディングの財布も調べてみました。
興味のある方はこちらもご覧ください。

 

ミニマルで楽しい生活を

お金をかけることだけが充実した暮らしとは限らない。
楽しくコンパクトな生活を追い求めるのが当サイト「コヨイ」です。
小さいガジェットを試したり、無理のない範囲で節約をしたり、時には脱線しながら運営をしています。見た人の今後にとって1ミリでも参考になってくれたら嬉しいです。

良かったなと思ったら、記事のシェア(↓にSNSボタンがあります)やTwitterアカウントをフォローしていただけると嬉しいです。