Unihertzの新スマホAtom L/XL始動!前のモデルとどう変わった?スペックは?いつ届く?

2020年2月25日22時(日本時間)、UnihertzのスマホAtom L、Atom LXのクラウドファンディングがスタートとなりました。
この記事を書いてる時点でまだ2時間ほどしか経過していませんが、1000人以上のバッカーを集めています。

初期の発表では、処理性能やストレージ、サイズ周りの情報は明かされてませんでしたがクラファン開始に合わせて詳細が発表。
iPhoneSEくらいのサイズ感になったAtomを想像してたみなさん(自分)、残念でした。

Kickstarterより

画面サイズこそiPhoneSE並ですが、224.5gという超重量級マシンになって帰ってきました。
(フォローしておくと、バッテリー容量が倍近くなるなど強化ポイントも多々あります)。

でも僕は申し込みました。

申し込んだ後に考えるのも妙な話ですが、改めてどこが変わったのか確認してみたいと思います。

現行Unihertz Atomからの変更点まとめ

変更箇所について、ポイントだけまとめるとこんな感じです。

  • OS Android 8.1(9にアップデート可) → Android 10
  • 画面 2.45インチ(240x432px) → 4インチ(1136x640px)
  • メモリ 4GB → 6GB
  • ストレージ 64GB → 128GB&SDカード対応
  • カメラ画質(フロント/バック)8MP+16MP → 8MP+48MP
  • サイズ 96 x 45 x 18mm → 134.5 x 65 x 17.5mm
  • 重さ 108g → 224.5g
  • バッテリー容量 2000mAh → 4300mAh
  • その他 おそらくおサイフケータイ非対応。XLはトランシーバー機能搭載!
  • (未確定)前モデルではゴムの劣化による外装の剥がれがあったが、構造が変わったため解消されてる可能性有り。

 

Kickstarterより

 

全体的に大きくなって、加えて性能もアップしてることがわかりますね。
(カメラは画素数だけでは判断できないので、おまけ程度に考えておくと良さそうです。)

事前情報で推測できていましたが、画面サイズのアップに伴って解像度も向上してるのは嬉しいポイントですね。

目を引くのは、バッテリー容量と重量の倍増化でしょうか。
他の小型スマホより持ちが良かったとはいえ、1日使えるか使えないかくらいのバッテリーの持ちのAtomでした。それが倍以上になったのは非常に安心感があります。

引き換えに失ったのは重量。倍以上になりました。これはやばい・・・

224.5gがどのくらいかといえば、大型スマホの部類に入るiPhone Pro Maxが226gです。
それと同等と考えるとかなりの重量と言えるでしょう。

従来のUnihertz Atomのライバル機(?)、Palm Phoneは62.5gです。

救いがあるとすればAtom Lはタフネスボディのためケースレスでの利用も視野に入れられます。
多少の重量差はケース分でカバーできる・・・かも?

サイズ感、他の端末と比べると?

重い重いと言ってもそんな大したことないんでしょ?

Kickstarterより

実際、Kickstarterの比較イメージだとそうでも無さそうにみえます。

なんて思いながらもiPhoneやGoogleのPixelと比べてみました。

機種 サイズ 重量
Atom L/XL 134.5 x 65.0 x 17.5mm 224.5g
Unihertz Atom(現行版) 96.0 x 45.0 x 18.0mm 108g
iPhone SE 123.8 x 58.6 x 7.6mm 113g
iPhone 8 138.4 x 67.3 x 7.3mm 148g
iPhone 11 Pro Max 158.0 x 77.8 x 8.1mm 226g
Google Pixel 4 147.1 x 68.8 x 8.2mm 162g
Google Pixel 4 XL 160.4 x 75.1 x 8.2mm 193g

だめだ・・・重すぎる・・・。

厚さは他の追随を許さない(それでも現行Atomよりは薄い)し、重さもiPhone 11 Pro Max並。
全然コンパクトじゃないですね。

Atom LとXLの違いは?Lの重量は?

トランシーバー機能の有無の違いだけのようです。

スペックはXLの物なのでLなら少し軽いのではと思ったのですが、

XLと一緒みたい?ー

うーん、XLの重量にアンテナ分が含まれてないってことなのですかね。

質問の仕方が悪かった可能性もあります。

とはいえ価格だけはコンパクト

1点だけコンパクトな箇所がありました。価格です。

クラファン価格で2万円前後で手に入ります。
前述のスペックの端末が2万くらいで手に入る、と考えればすごくアリな選択ですよね。

Atom L/XLはいつ届く?

Packaging and deliveryが2020 June。
KickStarter分は6月に届くようですね。

待ち遠しいです。

結局買いなの?

さとこよはAtom Lを申し込みしました。

2万前後という価格に対する性能が悪くないと感じたからです。

Atom XLはかなり自己責任が伴うかも。トランシーバー機能が日本の法律に適してるか現時点ではっきりした情報が出てないからです。

耐久性重視する人にもオススメでしょう。前のAtomはゴムの経年劣化はあれど衝撃には強かったです。

小型スマホを期待してた人にはオススメしません。ひたすらに重いです。

楽しみ。でも小型スマホではなくなったAtom L/XL

数値的にはUnihertz Atomの正統進化ともいえるAtom L/XL、非常に楽しみにしていましたが蓋を開けてみれば超重量級の端末となっており、小型スマホのカテゴリからは大きくはずれる存在となりました。

残念な表現をすればちょっと丈夫な普通のスマホ。
Unihertz Atomほどのトンがった感じはなくなってしまいました。

今回、クラウドファンディングには申し込んでみましたが、サイズや重さが気になる方はあえて現行Atomを選ぶ選択もアリかも知れませんね。

ただし、外装部の劣化経験があるのでご注意を!

今回はその問題が解消されてる期待も込めてAtom Lを申し込んでみました。
手元に届いたらレビュー記事書いてみたいと思います。

【4インチ以下】小型Androidスマホをざっくり比較(2020年2月)

小型スマホおなじみUnihertzの新型スマホAtom L/XLが楽しみで仕方ないさとこよです。

従来版のAtomが2.45インチ液晶、Android8(アップデートで9)、オクタコアCPU、ストレージ64GB、という小柄に似合わない高性能。それが4インチなるときわけです。
Android10になるなど一部を除いて処理性能はまだわかりませんが、同等かそれ以上を期待して良いでしょう。

このAtom以外にも一部ではあえて小型化の道を進む端末がいくつか登場しています。

自分の中では次世代を担うのはAtom Lで決まりだろうと思っていますが、一応他の機種も検討しておきたいところ。調べてみましたが、Atom以外だと、海外製のPalm Phoneや楽天モバイル向けのRakuten miniなどが候補に上がってくるようです。

細かい所はそれぞれのスペック表を見ればわかりますので、自分の気になるところに絞ってざっくりと比較してみました。

イラストも交えて紹介してますので、気になる方は参考にしてみてください。

Unihertz Atom

まずはUnihertz Atom。

クラウドファンディングで入手し、実際に1年ほど使っていました。
実売価格3万程度(クラウドファンディングで2万円代でした)。
2.45インチという小さな画面サイズですが、耐衝撃、防塵、防水、前面背面カメラ搭載、ストレージ64GBとなかなか隙のないスペックです。

画面が小さいのでゲームなどには不向き、カメラの画質はオモチャレベル、おサイフケータイ非対応などデメリットもありますが、用途を限定すれば非常に良い端末でした。コスパはかなり良かったです。

文字入力は「思ったよりはちゃんと入れられる」です。たまに打ち間違えます。

アウトドア利用を意識したG-Shockのようなゴツい外観で、普通のスマホを求める人には向いてません。

一番の問題点としては、外装のゴム部分が経年劣化により剥がれてくる点。
必ずそうなるかはわかりませんが、そういった方向をされてる方が何人かおり、僕も1年使う前にその現象が発生してしまいました。

で、その4インチ版が登場します

冒頭でも触れた通りAtom L/XLとして少し大きい4インチ版として帰ってくることが決まっています。

細かい変更もありますが、4インチになってる点と(おそらく)外装ゴムの外れやすい問題が解消されてる点、しかもクラウドファンディング価格で2万円前後とくれば買わない理由はないでしょう。
XLはトランシーバー機能がついてるタイプらしいのでスルーです(笑)

Palm Phone

クレカ大のスマートフォンPalm Phone。液晶は3.3インチ。

Atomよりは画面サイズも大きく、デザインは丸みがあり小さなiPhoneといった感じの可愛い見た目。
他所のレビューによると文字入力はなんとかなるみたい。Atomでも一応入れられたのできっと大丈夫なのでしょう。

ストレージは32GBとAtomよりは小さめ。バッテリーの容量も小さく1日使うのがしんどいようです。
カメラはAtomよりは良さそうかな。

1番致命的なポイントは価格。
実売価格で4.5万円くらいするのはちょっと高いです。

まぁ、iPhoneなどハイスペックスマホに比べたら全然安いんですけどね。

Rakuten mini

楽天モバイル限定のスマホです。はい、終了。

で片付けると勿体ないので一応検討。

液晶サイズ3.6インチ。今回の中では1番大きいスマホになります。
といっても4インチのiPhoneSEより小さい。

カメラの画素数も一番高く、バッテリーの持ちもそこそこ(多分)。
他の2機種と異なりおサイフケータイに対応してるのは大きいポイント!

ストレージ容量はPalm Phone同様32GBなのでその点は少し心細いかな。

価格は一括払いで約2万円。
Palm Phoneの半分くらいの値段で性能は同等だと思いました。コスパ良すぎですね。
おサイフケータイ対応だし。

楽天モバイル限定なのだけがネックですが、特に回線にこだわりがない人だったらアリではないでしょうか。

とりあえずはATOM L待ち

最近の小型スマホを調べてみましたが、

  • Unihertz Atom コスパ良し。小さすぎ。ゴム剥がれる。
  • Palm Phone デザイン良し。バッテリー持ち悪い。高い。
  • Rakuten mini 楽天モバイル縛り。

こんな感じの結果となりました。

結局、Atomの不満点を解消してくるであろうAtom Lが一旦の購入候補となっています。

ここにたどり着いた方はどういった端末を選ばれるでしょうか。
Twitterなどやってますのでそちらで教えてもらえると嬉しいです。

【小型スマホ】Atom L / Atom XLになってUnihertz Atomが帰ってくるー!これは買いでしょ!

超小型スマホとして有名なUnihertz Atomの新型が発表されました。


まだ性能面はわかりませんが、従来のスペックをベースにした正統進化版ではないかと思います。

追記)Atom L/XLのクラウドファンディングが開始されました!詳しくは下記記事で。

僕も1年間ほど使いましたが、その中で感じた不満点を見事に解消してきたのが今回のAtom Lかと思います。

  • 画面 2.45インチ
    →4.0インチ
  • サイズ 45×96.6×18.8mm
    →少し大きく
  • 解像度 240×432
    →高解像度化?
  • 重さ 約108g
    →?
  • CPU オクタコア
    →同等かそれ以上?
  • メモリ 4GB
    →同等かそれ以上?
  • ストレージ 64GB(SDカード未対応)
    →SDカードに対応!
  • OS Android8.1(9.0)
    矢印Android10
  • ポート USB Type-C、イヤホンジャック
  • カメラ、無線LAN、指紋認証、防塵防水
つまり、小型・高性能・安価のUnihertz Atomがより使いやすい存在になったということ

上は現行Atom

Kickstarterより

 

すごくほしいです。Atom L。
Atom XLはトランシーバー機能がついてるだけらしいので特に要らないです。

今回は、なぜ欲しいのかまとめました。

現行モデルもスマホとして申し分ないスペック

小ささが際立ってたAtomですが、前述のスペックをみてもらえばわかるとおり、スマホとしてはミドルスペックスマホとしても上位の方に入ってきそうな性能を持ってます。
実際、使っていてももっさり感はあまり感じず、非常に快適に使うことができました。

詳しくはこちらの記事で。

デメリットというデメリットは特徴である「画面が小さい」ことによるものだけであり、非常にバランスの良いスマホだと思います。

iPhoneSEくらいのサイズになった

そんなAtomが画面サイズ4インチになったわけです。
大きさでいうとiPhoneSEなどが同等のサイズになってくる模様。

現行のAtomだと一部のアプリで文字が欠けてしまう問題などがあり、小ささゆえの問題が若干発生していました。今回は4インチになったことで解像度もアップ(写真でみる限りの判断)。

特徴の超小型は失われますが、4インチならまだまだ小さい方ではないでしょうか。

ゴムの劣化対策が取られてるかも?

Unihertz Atomは外装側面のゴム部分が劣化してくる問題がありました。
自分の場合は10ヶ月目ほどでその兆候が現れ、ゴムが剥がれ、どんどん見た目が悪くなるという自体に陥りました。

今回のAtom L、よくよくみてみると左右の側面がゴムから別素材に置き換えられています。
多くの方がゴムの劣化報告をしていたようなので今回の新型投入に伴い改善を試みたものと思われます。

これは超重要!

2万円くらいで手に入る!

サイトによると$169(Atom L)とのこと。おそらくクラウドファンディングでの最安支援額がこの額でしょうが、2万円前後で手に入れば十分安い価格帯でしょう。楽しみです。

サポートの面倒さだけ要注意

すごく楽しみなAtom Lですが、香港のメーカー品であることだけは要注意。

普通に買って終わり、くらいなら良いのですが、クラウドファンディングでの購入の場合は一部のやりとりで英語が必要になったり、サポートを受ける場合も原則英語でのやりとりとなっていました。

僕は英語はからっきしダメなので、Google翻訳に頼りながらなんとかサポートを受けてました。
製品交換が必要な場合も香港に返品する必要があるので、英語や海外発送が苦手な人は要注意です。

逆に言えば、それだけの問題。これ、絶対に買いですよ。

公式予約ページ

追記)Atom L/XLのクラウドファンディングが開始されました!詳しくは下記記事で。

ああああああ!小型スマホUnihertz Atomのシリコンパーツが外れてきた

リリース時のバージョンがAndroid8.1だったUnihertz Atom、8月にAndroid9.0が来ていたことに気づき今更ながらにバージョンアップしました。アップデートの時間が暇だったので外装に関するご報告です。

使い始めてもう少しで1年という時期になり、使用感については全く問題ないのですが、ぶっちゃけあちこちパーツが外れてきました。

個体差はあると思うのですが、使用例の一つ程度に見てもらえたらと思います。

多分、防水性は死んだと思います。

外れてきた箇所

早速紹介。

どんな感じに外れてきたかというと・・・

1箇所目。右下の保護パーツが外れ赤いプラスチック部分があらわになってます。

2箇所目。側面部のシリコンパーツも半分浮いてきています。
(そのまま撮ったのでネジ周りが汚いのは容赦ください)

1箇所目はともかく2箇所目は壊れてきてるのが明らかにわかる状態で見た目に美しくありません。
シリコンゴム自体が伸びてしまってはめて戻せる雰囲気じゃないんですよね。どうしよう。

原因はバイクマウント

先日、バイクマウントを使った動画撮影に関する投稿をしました。

このマウンタが曲者です。

シリコンゴム製のマウンタにUnihertz Atomをはめるのですが、このゴム素材がUnihertz Atom自身の保護パーツのつなぎ目にひっかかってしまうんです。一度つなぎ目に力が入ると簡単にパーツが外れる作りになってるようで、気づいたらこの状態になってしまっていました。

2箇所とも、です。なんてこった。

オプションのマウンタは使うな。

アウトドアでの使用が想定されているUnihertz Atomですが、丈夫さに関してはもう一歩のようです。
純正品なのですが、オプションのマウンタは使わないほうがいい、というのが個人的な結論です。

おまけ程度に考えるべきでしょう。もしくはマウンタのつけ外しは極力しないことをオススメします。

【超小型スマホ】Unihertz Atomで車載動画を撮ってみたいと思った話

超小型スマホのUnihertz Atomを使ってしばらく経つのですが、


気になりつつも試していなかったことがありました。

自転車の車載動画撮影には使えるのか。

このUnihertz Atomは見た目の通り頑丈な作りで、アウトドアでの活用が前提として作られています。
防水・防塵・耐衝撃のたまにスマホを落としてしまう身としてはとても安心をして持っていられる構造です。
プロモーション映像にはダイビング中に撮影する様子が写っていました。

また、Unihertz Atomには

  • バイクマウント(自転車用クレードル)
  • アームバンド
  • クリップ

という3種類の固定用オプションが存在しています。

これだけ用意されていたらアクションカメラとして使えるのでは?と思いますよね?
少なくとも僕はそう思いました。

ただ、自転車に乗る機会が減っていたので気になりつつも試すことができずにいたんですよね。

でも気になる・・・

ということで気になる方が勝ったので試してみました。
あらかじめバイクマウントは手配していたのですぐに試すことができました。

Unihertz Atomを自転車につけてみた

ということでさっそくですが取り付けた様子です。

こんな感じ。しっかりと固定されました。
ちなみにバイクマウントはハンドルバーを挟み込むように取り付けるので、大抵のハンドルバーになら取り付けられそうです。

ここである問題に気づきました。

 

車載動画を取ろうとカメラを正面方向に向けると画面がほぼ見えない。

 

当然ですよね。画面の180度反対側にカメラがあるんですから。
この時点で察しましたがどうもアクションカメラとしての利用は想定されてないようです。

 

アクションカメラとしては使えない、極め付けの理由があるのですが、とりあえず映像を観てもらいましょう。

どうでしょう?

映像がぼやけてる、とか、カゴが写り込んでる、とかはまぁいいんです。
カゴがあったせいでフォーカスが合わなかっただけだと思うので。

一番の問題は映像の一番下にあります。

ネジみたいなのが見えますよね?

黒いパーツとその中央にネジ。カゴの一部ではないです。

バイクマウントです。

あわよくばアクションカメラとして使えないかなと思っていましたが、これは致命的な問題でした。
固定用の器具が写り込んでしまうのですから。ダメです。

それ抜きでも、フォーカスがうまく合わないし、揺れに対する補正もないし全てに置いてアクションカメラとしての活用は難しそうです。

Unihertz AtomをGPSロガーとして使おうとしたが

おまけ。
GPSロガーとして使おうとした編。

アクションカメラとしてはともかく、ナビ用とならいけるだろうとヒルクライムイベントで使ってみました。

結論としてはすごく微妙でした。

キャリアの問題なのかもしれませんが、山中などでは現在地をうまく拾ってくれません。
アクションカメラとしても使えずGPSロガーとしては中途半端。

このスマホはどこに向かっていけばいいんだ・・・

※丈夫な小型スマホカテゴリとしてはすごく気に入っている端末です。