【妄想】G検定の勉強で知った「バーニーおじさん」の勝手なイメージ

【妄想】G検定の勉強で知った「バーニーおじさん」の勝手なイメージ

突然ですが先日、ディープラーニングの試験「JDLA Deep Learning for GENERAL 2020 #2」通称G検定を受験しました。この記事を書いてる時点では結果は出ていませんが、おそらくダメです。・・・なぜか受かってました。

さて、そのG検定を勉強する中で「バーニーおじさんのルール(定理)」というキーワードが出てきます。

機械学習においてはパラメータの10倍の数のデータが必要だよっていう事をさすキーワードなんですが、意味はこの際どうでもいいです。

G検定受験時の手応えがなさすぎるあまり、そのバーニーおじさんの想像図を書いてしまいました。

あなたは「バーニーおじさん」と聞いてどんな姿を思い浮かべますか?

フリー素材バーニーおじさん(偽)

バーニーおじさん(偽)想像図

僕はこうでした。

バーニー・・・バニーおじさん?という単純な発想ですね。
※実在のバーニーおじさんとは関係ありません。関係ありませんからね。

そこから調子に乗ってこんな物が生まれました。

バーニーおじさん(偽)で伝える合格報告
合格報告と
バーニーおじさん(偽)で伝える不合格報告
不合格報告の画像です。

Twitterでも配布してますが、気に入った方は自由に使ってください。
G検定きっかけで描きましたが、別にE検定など他の試験で使ってもらっても全く問題ありません

くれぐれも実在のバーニーおじさんとは関係ないことをお伝えしておきます。

その他のバーニーおじさん

非公開バーニーおじさん

Twitter未公開の妖精さん風バーニーおじさん。

試験対策バーニーおじさん

結果だけ見れば問題集だけで対策はバッチリでしたが、2020年夏の試験では絶望しました。
本当の意味で理解するにはAI白書なども読んだ方が良いと思います。

偽物であることに焦るバーニーおじさん

念押しです。このバーニーおじさんは実在のバーニーおじさんとは関係ありません。

別世界のバーニーおじさん

その後、バーニーおじさんについて別パターンもあることに気づきました。

バーニーズマウンテンドッグおじさん
バーニー(ズ・マウンテン・ドッグ)おじさんです。

そして、疲れてこんな絵も書きました。

AIであるELIZAとPARRYを擬人化したキャラが主役の「マンガでわかるG検定」。
結構ニーズあると思いませんか?
次のテキスト改定の際にはぜひ取り入れていただきたいです。

最後に。記事を書いた時の僕の心境です。

合格ラインが下がりますように

結果的にこの通りになりました。点数は非公開なのでわかりませんが。

G検定を受けられた方、バーニーおじさんにどんなイメージを持ったでしょうか。