0

「全血献血」と「成分献血」の違いのわかりやすくシンプルな解説

昨日、献血に行ってきました。

過去3回が全血献血。
今回こそは成分献血にしようと思ってましたが、全血献血が不足してるというので全血献血に変更。
成分献血はまたの機会に持ち越しとなりました。

ところで、そもそもの話なんですが・・・

 

全血献血と成分献血の違いってわかってますか?
実は最初献血に行った時、「成分の分析をしてくれるのが成分献血?」とか壮大な勘違いをしていました。

今はなんとなく違いがわかるのですが、初めて献血に行く人なんかだと知らない人も居るんじゃないかと思い、簡単にまとめてみる事にしました。
素人知識で書いてるので、医療関係者からのツッコミ待ったなしです。

 

全血献血

文字通り、200ml又は400mlの量の血を全部献血するもの。

献血した分だけ血が減るので、身体への負担はやや大きく、次の献血まで長く期間を空ける必要があります。
代わりに、血を抜くだけなので献血そのものの時間は短いです。

 

成分献血

血の中から特定の成分だけ取り出し、血そのものは体の中に戻すタイプの献血。
血小板成分献血と血漿成分献血の2種類があるらしいです。

体内の血の量は減らないので身体への負担は小さく、次の献血までの間隔は短くて済みます。
ただし、機械で成分を取り出すので献血そのものの時間は長くかかります。

 

簡単な比較表

パッとみてわかるレベルにまとめてみました。

全血献血成分献血
種類200ml
or
400ml
血小板成分献血
or
血漿成分献血
献血そのものの時間○短い
(20~30分程度)
長い
(40~100分程度)
次回までの間隔長い
(種類により4~16週間)
○短い
(2週間)
 身体への負担400mlはやや重い○軽い

 

200mlよりは400mlが患者さんにはやさしい

200mlと400mlどちらが良いかと言えば、献血する側が楽なのは200mlです。
献血時間も短いし、次回までの間隔も短く済むし身体への負担も小さいです。

一方、輸血される患者側から見たときに喜ばしいのは400mlなんだそうです。
例えば800ml輸血するとき、400ml献血なら二人分の血液で済みますが、200ml献血だけでそれを補おうとすると4人分の血液が必要なってしまいます。

一般的にこの人数が多くなるほど副作用のリスクが高まるのだそうです。
200mlがダメというわけではないですが、可能であれば400ml献血した方がいいってことですね。

 

余談:献血で痩せるのか?

痩せないみたいです。[参考]

そんなこんなで

仙台の情報やガジェット情報などを週1~2度のペースで更新しているブログです。
もし気に入っていただけたならfeedlyで購読する事もできるので登録お願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。