0

1万円片手にキャッチコピーを募集してみることにしました

クラウドワークスでキャッチコピーを募集してみる事にしました

微妙な更新間隔ながらこのサイトも半年以上続き、その間に色々な情報を扱うようになってきました。

そんな中で思うわけです。
「このブログって一言で言うとなんだろう」って。

ふとクラウドワークスの事を思い出し、第三者から見た時にどんな表現になるんだろうという興味関心が湧いてきたのが最近の事。

大した収入にはなって無いこのブログで発注依頼をするのは、お財布へのダメージが気になりましたが、好奇心には勝てず募集するに至りました。

スクリーンショット 2016-01-23 16.52.58

はい。公開です!

 

コンペ形式にしました

発注相手を決めてから制作を行ってもらうプロジェクト形式でのマッチングも可能ですが、今回はたくさんのアイディアが欲しかったので、コンペ形式をとる事にしました。

数多くもらった提案の中から規定数を採用、その方に報酬を支払う形式です。
今回の場合だとキャッチコピーコンテストって感じですね。

 

ネットショッピング感覚で依頼

手続きはとっても簡単でした。
会員登録と、支払い方法の決定をしてしまえばすぐに発注ができてしまいました。

企業などが発注する場合に身元の信頼性を確実なものにするために本人確認のシステムもありますが、今回は支払いを確約することにしたので問題無いだろうとパス。

 

オプションはつけず

発注するにあたり、応募をより多く集めるためのオプションが用意されてます。

もちろん有料です。

契約金額から特急オプション、注目オプション、一斉告知オプションなどの募集内容が目立つようにするためのオプションや、公開範囲を限定するオプションなど。

いずれも数千円〜数万と個人で支払うには高価。
今回は1万円の契約金のみで済むエコノミー、オプションは一切付けずに募集します。

 

一晩待ってどうなったか

16時頃に公開してから一晩。
翌日の午後にチェックしてみたらこれだけの提案が集まりました。

24名による43件の提案。
早い。 キャッチコピーという敷居の低さもあって早くもこんなに提案いただいています。
提案してくれてる方、ありがとうございます。

ちなみに相談、というのはコヨイ.COM(発注側)から提案実績のある人などに「この案件見てください!」と連絡した人数の合計。無料で10人まで声がけする事ができます(本人確認後は30名)。

 

ちなみにアクセス数への影響は

ひょっとして募集をきっかけにアクセス数が増えるかなと期待もしてみましたが、今のところは誤差範囲内。
サイトトップのPV数が多少(20〜30PV/日)は増えてるくらいです。

多少は宣伝になっている・・・?

 

2016年2月6日まで募集中

公開してから今まで、提案状況が気になってちょくちょくサイトを覗いてしまっています。
すでに良さげなキャッチコピーもちらほら。自分の発想のワクの外からの提案が多く、クラウドのすごさを感じます。

しばらくは募集を続けてます。興味のある方はチェックしてみてください。
ブログ『コヨイ.COM』のキャッチコピーの募集!! の仕事情報 | クラウドソーシング「クラウドワークス」

そんなこんなで

仙台の情報やガジェット情報などを週1~2度のペースで更新しているブログです。
もし気に入っていただけたならfeedlyで購読する事もできるので登録お願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。