MacBookを拡張してメインPCにすると充分すぎるほどに充分だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しばらく更新が滞ってましたが、しれっと更新することにしました。
Windowsのデスクトップが壊れたので、サブで使っていた12インチMacBook(2015)をメインPCにしてしまった話です。

 

WindowsのデスクトップとMacBookの二台持ち、でした。

長いことメインPCとサブPCの2台持ちだったんです。

古くは2000年台前半くらいにオンラインゲーム用途で2台持ちのスタイルを始めました。
2011年くらいからはノートをWindowsからMacに変更。これはiOSアプリを作れたら面白そう、みたいなところが動機だったと思います。
10年以上続けていると、2台持ちはあたりまえの状態だったんですよね。

で、2018年に入ってからWindowsのデスクトップPCが壊れました。
次は何買おうかと、メジャーなメーカーのPCを見比べるくらいには新規購入を考えていたのですが、ふと思ったんですよね。

「MacBook1台あれば充分じゃない?」

僕のMacBookメインPC化計画が始まりました。

 

12インチMacBook(2015)は性能的に心細い

持ってるMacBook、12インチMacBookの初期モデルです。購入当時の投稿記事はこちら
メモリは8G積んでいるものの、CPUはCoreM。世間的には低スペックという評価を受けています。
実際、ネットで動画を再生していてももたつきを感じるくらい。

こんなんでいけるのか・・・?
とりあえずやってみてダメだったら買い替えようと思いました。

 

家ではがっつり作業できるようにしたい

MacBookのインタフェースはよくできてると思いつつ、家で作業するときは大きな画面、通常サイズのキーボード・マウスでやりたいと思ってます。
これは外せない条件だったので、旧メインPCの画面を再利用した家作業環境を整えることに。必要なものはAmazonで買いました。
また、旧パソコンはPS2接続のキーボードだったので入力デバイスも新調することにしました。

外部モニタ接続するためにこちら

純正のtype-cのVGAアダプタ持ってましたが、USBポートが多くてLANアダプタがついているこちらを購入。

マウス・キーボード

いつもこだわりはないので値段重視でこれにしました。
後から気づいたのですが、マウスの中ボタンの戻りが悪いので別のに変えるかもしれません。

電源ケーブル

専用に1つ手配しました。

CD/DVDドライブ

稀に必要になることがあるのでこちらも。部品のツメが外れてる箇所がありましたが、押し込んで解決(笑)

 

ということで完成した環境がこちらです。
どうでしょうか。キーボードとマウスを白にすることで精一杯Macに寄せたつもりです。

 

配線周りの話

12インチMacBookはUSBポートが1つしかないので、以下のような接続になっています。

MacBook

→VGAアダプタ配下に、モニタ、LAN、電源、USBハブ

→上記USBハブ配下に、マウス、キーボード、プリンタ、USBオーディオアダプタ

 

いっそUSB一本で全部つなげられたら便利だなと思い、手持ちのUSBオーディオアダプタをつないでスピーカー出力もできるようにしました。

こんな感じのやつです。

デバイス関係、Mac専用のものは一切ないですが、つないだらとりあえず認識してくれました。楽チン。
マウス・キーボードは専用アプリでカスタマイズしています。後述。

裏からみるとこんな感じ。
有線の機器が多い都合、どうしてもごちゃごちゃしてしまうので・・・

机の裏側にダイソーのコードフックで固定しまくっています。臭いものには蓋。
充電や電池交換を面倒がる方なので、キーボードやマウスは有線派です。後悔は無いです。

ちなみにモニタはBenQのFP241W。10年ほど前のモデルです。長持ちしています。
当時としては視野角も広く発色も良し。今でも不満なく使っています。

 

マウスは普通に使えるよ、ただしホイールが・・・

多くの人の中で「Macは右クリックがない」というイメージがあるみたいなんですが、普通にあるんですよね。
トラックパッド上で二本指タッチするのが実質そうですし、Windowsマウスをつなげばそのまま右クリックとして機能してくれます。

ただ、ホイール時のスクロール方向がWindowsのそれと逆です。
システム環境設定のマウスから変更できるんですが、これをやってしまうとトラックパッド上のスクロールが逆になってしまって、単体で使った時にすごく気持ちが悪い。

これはScroll Reverserを入れて解決しました。
まさにスクロール方向を逆にするためのソフトです。

デバイス種別ごとにスクロール方向を設定できます。

 

キーボードはすごくカスタマイズ

Windowsキーボードを本格使用するのに関してはKarabinerを使いました。

WindowsキーボードをWindowsキーボードとして使えます(頭が悪い表現)。
特筆すべきは「半角/全角」ボタンで半角全角切り替え(英数・日本語切り替え)をできてしまう点でしょうか。

もう、何の違和感もなくWindowsキーボードで入力ができています。

設定項目がたくさんありすぎてよくわからないのですが、とりあえず以下の部分を押さえておけばなんとかなりそうです。
設定の際はTargetDeviceとして「USB KEYBOARD」を選ぶことをお忘れなく。

左がキーボード側の物理ボタン。右側が割り当てたいキーです。
USBキーボード側のボタンがどれかわからないときは付属のEventViewerで確認できます。

  • コントロールとコマンドを入れ替え
    ctrl+cなどがWindowsの感覚で入力できます。
  • アプリケーションキー(メニューみたいなボタン)
    Windowsの頃にも使った記憶がなかったので、Lanchpadを開くボタンにしました。
  • print_screen
    キャプチャのショートカットが異なるので、音楽の再生/停止ボタンに割り当てました
  • 半角/全角キー
    手持ちのキーボードでは「grave_accent_and_tilde」というキーとして認識されています。
    いったんf13キーを設定しておきます。

最後に、f13で全角/半角切り替えするため、システム環境設定のキーボードのショートカットで以下のように変更します。

なお、この設定に関してはこちらのページを参考にさせてもらいました。

あとこれはMacを使い始めたころからそうなのですが、カナ変換などをファンクションキーでしたい派なので、

「F1、F2などのキーを標準のファンクションキーとして使用」する設定にしています。

 

今の所、何の問題もない

キーボードをカスタマイズしたおかげもあってか、この環境はすごく良いです。
(なぜかNumLockとかのランプがつかないです。あまり困らないけど。)

今までのデスクトップPCは立ち上がりに時間かかってましたがMacBookならそれもなく、まだ重たい作業をやってないからもあるかもしれませんが、すごく快適に使えています。

もしかすると、外部モニタは非Retinaなので描画負荷が小さいのかもしれません。
動画再生のモタつきも感じなくなりました。

完全にメインPCの風格です。

 

今後の予定

問題ない限りはこの環境で利用していきます。
壊れたら最新世代のMacBookを買うつもりですし、Windowsが必要になったらBootcampなどでインストールしようと思います。

おしまい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA