0

ロリポップで無料の独自SSLが使えるようになっていた件

Web系の話。

気づいたらお遊び用に契約しているロリポップのレンタルサーバで、独自SSLが無料で使えるようになっていたので試してみました。
設定自体はボタン一つ。すごく簡単!

使用するにあたり

ユーザーページを見ると以下の一文が書かれています。
大丈夫だとは思いますが、何かあっても自己責任という事で。

※ Let’s Encryptとその提供元のポリシーを確認・同意の上でご利用ください。また、Let’s Encryptの仕様変更等によって予告なく利用できなくなる場合もあります。ご了承ください。

 

手順

ロリポップのユーザー画面にログインし、独自SSL証明書>証明書お申し込み・設定を選択。

独自SSLを設定したいドメインにチェックをつけて独自SSL(無料)を設定するボタンを押すだけ。

表示が「SSL設定作業中」に代わり、小一時間ほどで「SSL保護有効」に変わるので設定完了。

晴れてHTTPSの仲間入りとなります。すごく簡単!

 

移行後の対応

ただ、そのままだとHTTP、HTTPSの両方からアクセスできてしまいます。
強制的にHTTPSにする為、対象ディレクトリの.htaccessを編集(なければ作成)し、以下を追加してあげます。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]

WordPressの場合は

  • 管理画面からの設定
  • 記事内のURLの変更(プラグインなどで置換)
  • 外部URLに置いてあるCSSを使ってる場合のテーマのURL変更

など、結構色々と手間がかかりますがこの記事では割愛。
検索するとすぐ出てきます。

 

その他注意点

過去のSSL対応で以下の問題があったのでメモしておきます。

  • Google Analyticsをhttpsに設定変更する必要がある
  • Google Consoleに対しては新規にプロパティ (URL)を追加する必要がある。
  • Facebookのいいねのカウントがリセットされる(別URL扱いの為)

ちなみに、一説によると独自SSL化によるSEOへの貢献度は1%ほどとの事。
手間やデメリットに対してこのメリットは大きいととるかどうか悩みどころかもしれませんね。

以上!

 

参考URL

無料の独自SSLがご利用いただけるようになりました! – ロリポップ!レンタルサーバー

httpからhttpsに.htaccessを使ってリダイレクトさせる方法 | ホワイトベアー株式会社 

そんなこんなで

仙台の情報やガジェット情報などを週1~2度のペースで更新しているブログです。
もし気に入っていただけたならfeedlyで購読する事もできるので登録お願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。