【iPad Pro2020】やっぱりカバーでしょ。Smart FolioとMagic Keyboardどちらが良いだろう

2020年モデルのiPad Proが発表されました。
外見の変化としては、カメラの複数レンズ化やMagic Keyboardの登場(前世代にも対応)などが大きな違いでしょうか。

iPad Pro用のMagic Keyboardはトラックパッドがつき、いよいよノートPC風に。
ARで擬似体験もしてみました。

うーん、カッコいい。

でも、2018年に登場した11インチiPad Proを使っていて、Smart Keyboard Folioを一瞬使ったものの即座にカバーに切り替えたんですよね。だからMagic Keyboardも多分いらない。

iPad Proってこの使い方が正解というのはなくて、用途によって最適解が変わってくると思うんです。

今回は、Smart Folio(カバー)と、Magic Keyboard(もしくはSmart Keyboard)のどちらがどういった利用方法に向いてるか個人的見解をまとめてみました。

サッと持ち出して使いたいなら断然Smart Folio(カバー)

これぞiPadという一般的なタブレットとしての活用を考えているのなら、間違いなくSmart Folio(カバー)です。

僕は、Smart Keyboardを試したのちにカバーに移行しました。
Apple純正品である必要もないと思ったので他社製のカバーです。

一年以上使いましたが特に不満なく使っています。

僕の場合はApple Pencilと組み合わせたお絵かきもできる高性能タブレット端末が欲しかったので、カバーでの運用がしっくりきました。

逆に、Smart Keyboardは一見便利であるものの、タブレットとして使おうとするとキーボードの部分が背面にきて邪魔だったり、キーボードの分重かったりと、文字入力以外の時の使い勝手がいまいち。

ちょっとネットをする、絵を描く、外でサッと取り出して地図表示に使う、なんていう活用するときには通常カバーでの利用が最高。

とはいえ文章入力することもあるので、


普段はカバーで利用しつつ、長文の入力が必要な時はMac用のMagic Keyboardを接続して利用するという形に落ち着きました。すごくおすすめです。

Apple Magic Keyboard (JIS) MLA22J/A

どこでもタイピングをガンガンしたい!ノマドワーカーなら断然キーボード

対して、ノートPC寄りの使い方がメインという人ならMagic KeyboardやSmart Keyboardがおすすめです。

iPad OSになってからはマウス入力に対応するようになり、最新のMagic KeyboardにはトラックパッドがついてくるようになったりとAppleとしてもノートPCっぽさを出してくるようになってきました。
Smard Keyboardの時点でかなりMacBook化してる印象でしたが、トラックパッドがついたことでいよいよ持ってノートPCっぽくなってきた気がしますね。

仕事用途でガンガン使いつつ、タブレットとしても使いたい、という人にはこちらがいいのではないでしょうか。

ただ、完全にノートPCの代わりになるかといえば、個人的にはもう一歩かなという感触でした。

iPad OS、日本語入力への対応がまだまだ弱い印象があります。
変換がスムーズにできない、アプリによってはデフォルト設定での文字入力がうまくできないことがあるなど、利用していてストレスを感じることがたびたびあります。

あと気になるのは重さ。

これは11インチiPad Pro(2018)にSmart Keyboardをつけた時の重さです。Smart Keyboard分で200gはあります。
ノートPCとしてみるなら全然軽いですが、タブレットとしてはちょっと重い部類になってきますよね。

これはMagic Keyboardでも同様なのではないでしょうか。

キーボードが本当に必要かは慎重に考えて欲しい

比較記事のようで、カバーに寄った内容になってしまいました。

正直な話、タブレットとして作られたiPadはタブレットとして使うのが最高だとお思うのですよ。
ノートPC寄りのタブレットが欲しいならSurfaceとか買った方がいいんじゃないですかね。

どうしても試してみたいという人は、Appleの返品制度があるのでそれをうまく活用してみるのも良いかと思います。

参考になれば幸いです。

[小ネタ]第3世代iPad Proユーザーが考える第3世代iPad Proの価値

このブログでは触れてなかったような気がしますが、iPadProユーザーです。
去年、第3世代が発売されるタイミングで予約購入しました。11インチモデルです。

細かいレビューはいずれ。

紆余曲折あって、SmartKeyboardは使わず、普段は単体利用、キーボードが必要な時だけMagic Keyboardを持ち出して使っています。

普段はそこまで物書きをするわけではないのでソフトキーボードで十分ですね。

SmartKeyboardもiPadProを象徴するガジェットのひとつだとおもうのですがそれは捨てちゃったわけです。だって、そこまで使わないキーボードつけるとそれだけ重くなっちゃうんだもの。

じゃ、なんでProにしたかっていうと、これですね。

Apple Pencilが側面につけられる点。

せっかくだから長く使えるように良いヤツにしよう、みたいなのがきっかけではあったんですが、実際使ってみると側面にペンがつけられるってめちゃくちゃいいですね。ペンを紛失しにくいし充電もしてくれるから、こうしておけばいざという時にペンが使えないってこともないです。

旧モデルはライトニングのポートにぶっさしますからね。あれはいけてない。
ジョブズが生きてたらあんな設計にはしなかったと思うんですよ。

それに対してこの第3世代iPadProはとってもスマート。

ホントいい買い物をしたと思っています。満足。

MacBookを拡張してメインPCにすると充分すぎるほどに充分だった。

しばらく更新が滞ってましたが、しれっと更新することにしました。
Windowsのデスクトップが壊れたので、サブで使っていた12インチMacBook(2015)をメインPCにしてしまった話です。

 

WindowsのデスクトップとMacBookの二台持ち、でした。

長いことメインPCとサブPCの2台持ちだったんです。

古くは2000年台前半くらいにオンラインゲーム用途で2台持ちのスタイルを始めました。
2011年くらいからはノートをWindowsからMacに変更。これはiOSアプリを作れたら面白そう、みたいなところが動機だったと思います。
10年以上続けていると、2台持ちはあたりまえの状態だったんですよね。

で、2018年に入ってからWindowsのデスクトップPCが壊れました。
次は何買おうかと、メジャーなメーカーのPCを見比べるくらいには新規購入を考えていたのですが、ふと思ったんですよね。

「MacBook1台あれば充分じゃない?」

僕のMacBookメインPC化計画が始まりました。

 

12インチMacBook(2015)は性能的に心細い

持ってるMacBook、12インチMacBookの初期モデルです。購入当時の投稿記事はこちら
メモリは8G積んでいるものの、CPUはCoreM。世間的には低スペックという評価を受けています。
実際、ネットで動画を再生していてももたつきを感じるくらい。

こんなんでいけるのか・・・?
とりあえずやってみてダメだったら買い替えようと思いました。

 

家ではがっつり作業できるようにしたい

MacBookのインタフェースはよくできてると思いつつ、家で作業するときは大きな画面、通常サイズのキーボード・マウスでやりたいと思ってます。
これは外せない条件だったので、旧メインPCの画面を再利用した家作業環境を整えることに。必要なものはAmazonで買いました。
また、旧パソコンはPS2接続のキーボードだったので入力デバイスも新調することにしました。

外部モニタ接続するためにこちら

純正のtype-cのVGAアダプタ持ってましたが、USBポートが多くてLANアダプタがついているこちらを購入。
[amazonjs asin=”B076D51CYL” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”USB C ハブ RDII Type-C タイプC充電 Hub HDMI/VGA/LAN/RJ45出力 2つの高速USB3.0ポート付きコンパクト MacBook Pro 2016/2017/Chromebook//IMAC2017などUSB-Cデバイス対応(グレー)”]

マウス・キーボード

いつもこだわりはないので値段重視でこれにしました。
後から気づいたのですが、マウスの中ボタンの戻りが悪いので別のに変えるかもしれません。

電源ケーブル

専用に1つ手配しました。

CD/DVDドライブ

稀に必要になることがあるのでこちらも。部品のツメが外れてる箇所がありましたが、押し込んで解決(笑)

 

ということで完成した環境がこちらです。
どうでしょうか。キーボードとマウスを白にすることで精一杯Macに寄せたつもりです。

 

配線周りの話

12インチMacBookはUSBポートが1つしかないので、以下のような接続になっています。

MacBook

→VGAアダプタ配下に、モニタ、LAN、電源、USBハブ

→上記USBハブ配下に、マウス、キーボード、プリンタ、USBオーディオアダプタ

 

いっそUSB一本で全部つなげられたら便利だなと思い、手持ちのUSBオーディオアダプタをつないでスピーカー出力もできるようにしました。

こんな感じのやつです。

[amazonjs asin=”B007WPMIN8″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”iBUFFALO USBオーディオ変換ケーブル(USB A to 3.5mmステレオミニプラグ) Mac PS3でステレオミニプラグ接続のヘッドセットが使える ブラック BSHSAU01BK”]

デバイス関係、Mac専用のものは一切ないですが、つないだらとりあえず認識してくれました。楽チン。
マウス・キーボードは専用アプリでカスタマイズしています。後述。

裏からみるとこんな感じ。
有線の機器が多い都合、どうしてもごちゃごちゃしてしまうので・・・

机の裏側にダイソーのコードフックで固定しまくっています。臭いものには蓋。
充電や電池交換を面倒がる方なので、キーボードやマウスは有線派です。後悔は無いです。

ちなみにモニタはBenQのFP241W。10年ほど前のモデルです。長持ちしています。
当時としては視野角も広く発色も良し。今でも不満なく使っています。

 

マウスは普通に使えるよ、ただしホイールが・・・

多くの人の中で「Macは右クリックがない」というイメージがあるみたいなんですが、普通にあるんですよね。
トラックパッド上で二本指タッチするのが実質そうですし、Windowsマウスをつなげばそのまま右クリックとして機能してくれます。

ただ、ホイール時のスクロール方向がWindowsのそれと逆です。
システム環境設定のマウスから変更できるんですが、これをやってしまうとトラックパッド上のスクロールが逆になってしまって、単体で使った時にすごく気持ちが悪い。

これはScroll Reverserを入れて解決しました。
まさにスクロール方向を逆にするためのソフトです。

デバイス種別ごとにスクロール方向を設定できます。

 

キーボードはすごくカスタマイズ

Windowsキーボードを本格使用するのに関してはKarabinerを使いました。

WindowsキーボードをWindowsキーボードとして使えます(頭が悪い表現)。
特筆すべきは「半角/全角」ボタンで半角全角切り替え(英数・日本語切り替え)をできてしまう点でしょうか。

もう、何の違和感もなくWindowsキーボードで入力ができています。

設定項目がたくさんありすぎてよくわからないのですが、とりあえず以下の部分を押さえておけばなんとかなりそうです。
設定の際はTargetDeviceとして「USB KEYBOARD」を選ぶことをお忘れなく。

左がキーボード側の物理ボタン。右側が割り当てたいキーです。
USBキーボード側のボタンがどれかわからないときは付属のEventViewerで確認できます。

  • コントロールとコマンドを入れ替え
    ctrl+cなどがWindowsの感覚で入力できます。
  • アプリケーションキー(メニューみたいなボタン)
    Windowsの頃にも使った記憶がなかったので、Lanchpadを開くボタンにしました。
  • print_screen
    キャプチャのショートカットが異なるので、音楽の再生/停止ボタンに割り当てました
  • 半角/全角キー
    手持ちのキーボードでは「grave_accent_and_tilde」というキーとして認識されています。
    いったんf13キーを設定しておきます。

最後に、f13で全角/半角切り替えするため、システム環境設定のキーボードのショートカットで以下のように変更します。

なお、この設定に関してはこちらのページを参考にさせてもらいました。

あとこれはMacを使い始めたころからそうなのですが、カナ変換などをファンクションキーでしたい派なので、

「F1、F2などのキーを標準のファンクションキーとして使用」する設定にしています。

 

今の所、何の問題もない

キーボードをカスタマイズしたおかげもあってか、この環境はすごく良いです。
(なぜかNumLockとかのランプがつかないです。あまり困らないけど。)

今までのデスクトップPCは立ち上がりに時間かかってましたがMacBookならそれもなく、まだ重たい作業をやってないからもあるかもしれませんが、すごく快適に使えています。

もしかすると、外部モニタは非Retinaなので描画負荷が小さいのかもしれません。
動画再生のモタつきも感じなくなりました。

完全にメインPCの風格です。

 

今後の予定

問題ない限りはこの環境で利用していきます。
壊れたら最新世代のMacBookを買うつもりですし、Windowsが必要になったらBootcampなどでインストールしようと思います。

おしまい。

はっきり言ってMacなんて不要です!Windowsを買いましょう

Macを買うかWindowsを買うか悩んでいる人がいたら

迷う必要はありません。Windowsのパソコン買いましょう。
たまにMacのデザインに憧れるような話を聞きますが、似たようなWindowsパソコンもあるのでそっちで良いと思います。

DSC_1311

 

Macでできる事のほとんどがWindowsでもできます

Macを買ってやりたい事ってなんでしょう?
ネットブラウジング?文章やイラストの作成?

それってMacじゃないとできない事ですか?
Macでやろうと思ってる事の9割くらいはWindowsでも同じようにできてしまいます。

ホントMacはいりません。

 

Macでは大概のWindowsのアプリが使えません

MacとWindowsはスマホで言えば、AndroidとiPhoneくらい違います

お店に売ってるソフトは大抵がWindows向けに作られています。
(このご時世、店頭で買う事は少なくなりましたが)

年末に大活躍の年賀状ソフトも大半がWindows向けのみの販売です。

余談ですが、MacでWindowsを使う方法も存在はしています。
どうしても使いたくなった時はそういった方法を試してみても良いと思います。
ただ、Windowsのパッケージを買う必要がある上、手間もかかります。
果たしてそこまでしてMacである必要があるんでしょうか?

 

仕事でWindowsを使っていると学習コストが倍かかる

前述の通り、AndroidとiPhoneくらいには違いがある2つ。
使い方も色々と違っています。

生涯Macしか使わない!と心に決めている人ならいざ知らず、仕事ではWindowsパソコンを触ってるという人もいるのではないでしょうか。

こんな時、片方で覚えた操作方法はもう一方ではほとんど役に立ちません。
それどころかキーボードの配列が違う為、余計な混乱を招いてしまう原因にすらなりかねません。

そこまでしてMac使いますか?

 

Windowsパソコンの方がとりあえず安い

Macもいろんなモデルがありますが、安く済ませようとしてもやはり10万くらいは必要になります。
高い、円安の傾向があることも影響しほんと高いです。

対してWindowsパソコン、上を見ればキリはないですがとりあえずネットとかしたいだけなら3万くらいの安いパソコンだってあります。
スティックPCと呼ばれるテレビのHDMI端子に刺して使う超小型のパソコンもあり、1〜2万程度で買うことができます。

 

もちろんMacだからこそ!ってものもあります。

今、この記事はMacBookで書いています。
これは別にWindowsでもできることですが、中にはMacじゃないとできないことも色々とあります。

マジックトラックパッドがとっても快適

個人差はあると思いますが、MacBookについているマジックトラックパッドはWindowsパソコンのトラックパッドよりもとても快適で使いやすいです。

iPhoneと連携ができる

Macから電話をかけたり、iPhoneでみてたサイトや地図をMacに連携することができます。

iPhoneやiPadのアプリが作れる

あまりこれがやりたい!という人は多くないと思いますが、Macじゃないとできない事の一つです。

ブランド価値が高いので売却しやすいかも

自分は使い潰すので売却したことはありませんが、Appleというブランド価値があるおかげもあってか比較的売却時の買取価格は高い、ような気がします。

 

納得して買うならどっちでもいいんじゃないかな

結局のところ、どっちを買うにしても本人が納得して買うならそれで良いと思います。
Macを買ってネットブラウジングしかしないって使い方だって良いと思います。

ただ、本当に自分にとってMacが必要なものなのか、購入を検討している方はじっくりと考えてみてから判断することをおすすめします。

ちなみに、自分は会社ではWindows、家ではMacとWindowsの両方を使っています。
たまにキーボード操作を間違えます。

[amazonjs asin=”B0107SA5FO” locale=”JP” title=”エイスース ノートパソコン ASUS Eeebook X205TAシリーズ 「F205TA」ダークブルー F205TA-FD018B”]

新型MacBook4ヶ月目!個人の感想に満ちあふれた勝手レビュー

新しいMacBook、軽くて小さくて、でも性能(CPU)はちょっと控えめなのが特徴です。
13インチのMacBookAirから乗り換え、3ヶ月ほどが過ぎました。

比較的違和感なく移行できましたが、それから使っていて実際に感じたことを書いていきたいと思います。主なポイントは以下の4つです。

  • 処理速度は遅い?
  • キーボードの使い心地はどう?
  • どのくらい軽いの?
  • バッテリーの持ちは良いのか?
  • USB Type-Cが1個あるだけだけど

ちなみに仕事ではバリバリのWindowsユーザーで、Macは趣味の範囲でいじっています。平日中の使用時間は1日6時間前後だと思います。
買ったのは上位モデルの方で、用途はブラウジングや動画閲覧が中心、たまにPhotoShopなどを使っています。

test19

 

処理速度

ブラウジングが主な用途なこともあって普段使いの中で不便を感じることはありません。

開発用途も考えていましたが現在はPhotoShopなどをいじる程度に使ってます。メモリが8GBということもあって写真加工など軽度の利用では全く問題なく使えています。

ゲームはほとんどしませんが、Paralells Desktop( +Windows)で同人ゲームの「東方紺珠伝 体験版」を試しにプレイしてみた際には問題なく動かすことができたので、割とがんばってくれるみたいです。

※キーボードでのプレイがしんどかったので軽く遊んだくらいです。

スクリーンショット 2015-09-07 12.50.25

 

キーボード

13インチMacBookからの乗り換えなので、本体サイズとしては一回り小さくなりました。

一方、キーボードは本体ギリギリのサイズまで場所をとるようになり、本体の小ささの割にキーボードのサイズはほとんど変わりありません。カーソルキーの上下キーがコンパクトになってしまったのでそこはたまに押し間違える事があるかも。

バタフライ構造のキーボードは押し込みが浅く、使い始めた当初は多少の違和感がありましたが単なる慣れの問題。今では全く違和感なく使っています。押し心地は悪くないです。

20150905_3

 

軽さ

MacBook本体自体については改めて言うまでもないですね。
文句なしに軽くて出かける際のバッグのお供になっています。

また、MacBookAirに比べて電源が小さいので持ち運びしやすいので泊まりがけで出かけるような場合にもあまり邪魔になりません。

20150905_1

左がMacBookAir、右が新型 MacBookです。
見ての通りケーブルも非常に細く、とってもコンパクト。

あえて難点をあげるなら、軽さのあまり「片手でスクリーン端を持って移動させてしまう」自分の取り扱いの雑さが露見してしまうことでしょうか。まだ壊れてないです。

 

バッテリー

カタログスペックで9時間の稼働時間で、現在の用途ではバッテリ切れまで使う機会はないのですが、たまに使う程度には1日持ち歩いても大丈夫です。

ただ僕の場合、Paralells Desktopなども動かしてるせいか公称値の半分程度しか持たないかも。

 

 

USB Type-C

電源兼USBポートであるUSB Type-C、普段使いには大きな問題はありません。

小さな問題はたくさんあるわけで、通常のUSB機器を使おうと思ったらコネクタの変換をする必要があるし、本体充電しながらUSBを使いたいと思った日には下画像のような事になってしまいます。

20150905_2
繋いでる左側が電源、右がmicroUSBケーブル。ちょっと格好悪い・・・。

このアダプタを持ち歩くのを忘れるとお手上げ状態になってしまうので大事な存在です。

 

買って良かった!

今となってはMacBookAir Retinaモデルの噂も出てきていて、そっちが本来の大本命だったんですが、こっちはこっちでとても満足しています。不満点も許容範囲です。

購入前にも感じてましたが、「性能や拡張性はイマイチ(それほど不便はしない)」でも「軽いし小さいので持ち運びやすい」という結果となりました。

しばらくはこのMacBookで頑張っていきたいと思います。